産後の抜け毛で悩み始めたこと

私自身まだ20代ですので、まさか自分が抜け毛に悩まされるようになるとは思いもしませんでした。

stockfoto_64921629_XSそのとき私はちょうど出産した後でした。まず、妊娠中から少しだけ抜け毛が気になるようになったのですが、悩むほどではなかったのであまり気にはしていませんでした。ですが、実際に出産をし、しばらくして行きつけの美容院に行った際に担当の方から「髪の毛のボリュームが前と比べて薄くなってきているね」とストレートに言われてしまいました。

私はとてもそのときショックを受けました。そのあとに出産したあとだと伝えますと、それが原因になっているからまた元に戻るよとフォローされたのですが、そのあともしばらくその言葉が頭から消えませんでした。

そして、しばらくは髪の毛にいいものを食べたりあまり傷まないように努力したりしました。

そうすることによって髪の毛にボリュームが出てきたような気がしていますので、これからも食事などに気をつけていこうと思いました。

チャップアップサプリを飲むと効率よく栄養が摂取できます

短期間で効率よく資格をゲットできる勉強法

IT関係では比較的難関とされる応用情報技術者試験に約1ヶ月の勉強期間で合格することが出来ました。
一般には3~6ヶ月程度の勉強が必要といわれますが、要領を得て効率よく取り組めば勉強時間を節約できます。
応用情報技術者試験だけでなく、あらゆる資格試験に通じる普遍的な勉強法です。

まず最優先すべきは過去問を5~10年分をまず解いてみることです。
この時点で解けるかどうかは一切気にしません。
どのようなレベルの問題が出題され、頻出のテーマやキーワードを見定めます。
解答と解説を読み進めるにつれて、自然と力がついていきます。

多くの人がするような、いきなり資格のテキストを通読しようとするのはオススメできません。
単調な文字の羅列を読み進めるには根気と時間が要りますし、重要な論点が絞れていない中では非効率です。

過去問を一通り解いたら、テキストで苦手分野や理解が浅い分野を精読します。
もしノートにまとめるとしたらこの段階ですが、単なる転記ではなく自分なりに整理して要点を絞る意識が必要です。
その上で再度過去問を解いて不明点をなくしていきます。
勉強期間が限られているならば、どうしても苦手な分野は捨てる勇気も必要です。

短期間で効率よく資格がとれたら達成感やメリットが大きいものです。
ポイントは、過去問がメインでテキストは辞書的な役割という意識で取り組むことです。